産後の骨盤が歪む原因を知ってますか?〜柏の骨盤矯正【北柏のぞみ整体院】

   

産後の骨盤が歪む原因〜柏 骨盤矯正〜

妊娠中、産後は骨盤が歪みやすいと言われていますが、原因は妊娠中の姿勢が原因の一つってご存知ですか?

まず、妊娠中の多くのママが、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、いわゆる「反り腰」という骨盤が前傾した姿勢になります。

 

反り腰の状態だと腰に大きな負担がかかるので、腰痛になる妊婦さんが多いのは良く聞く話でしょう。そして骨盤が前傾することで、腸骨の外側の広がっている部分がせり出して広がって見えたり、大殿筋に力が入らなくなりお尻が垂れて見えるようになります。

また、妊娠中に「横座り」をするママも多いようです。

股関節がねじれ、骨盤の片側に体重がかかるようになるので、横座りも悪い姿勢の代表例とされています。左側に足を出す横座りは、骨盤の右側に重心が移動し、股関節がねじれ、骨盤が時計まわりにねじれやすくなります。

 

 

横座りを左右交互に時々やるくらいであれば問題ないかもしれませんが、「片側一方向のみの横座り」が習慣になっているママは危険です。反対側の横座りをしてみて、もしやりにくかった場合は、すでに骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

このような悪い姿勢が何ヶ月も続く事で、働きにくくなった筋肉が衰えてしまったり、悪い姿勢が習慣化して骨盤が歪んでしまうワケです。そして、産後も本来の筋肉の状態、本来の姿勢に戻りにくくなるのです。

さらに産後、育児をしていると「授乳で猫背になりやすい」「おむつ替えで左手に力が入りやすい」など、バランスの悪い状態になりやすく、これも骨盤を歪ませるポイントとなっています。

 

ホルモンの影響で骨盤が歪む!?

他にもう1つ、産後ならではの骨盤の歪みの原因として「リラキシンの影響」があります。妊娠中は「リラキシン」というホルモンが分泌され、出産をスムーズにするために骨盤の靭帯や関節を緩める働きをします。リラキシンの影響は、長い人で産後6ヵ月くらいまで続くと言われています。

骨盤の靭帯や関節が緩むということは、骨盤が歪みやすい状態であるということ。リラキシンの影響がある「妊娠中~産後数ヵ月」は、悪い姿勢の影響を受けやすく、骨盤が歪みやすい時期であると覚えておきましょう。

 

 

追伸〜産後の骨盤矯正〜

のぞみ整体院は多くの女性に支持されている整体院です

・産前(妊婦さん)の腰痛や肩こりのケア

産後の骨盤矯正

・育児疲れによる腰痛・肩こり・頭痛

・デスクワークや立ち仕事による腰痛・肩こり

O脚の矯正

このような方々が多く来院されております。

皆様は当院にかかるまで以下のようなお悩みをお持ちでした・・

・妊娠中だから腰痛や肩こりは我慢するしかない

・骨盤矯正は大切と知っていたけどキッカケがなく踏み出せなかった

・産後からお尻周り・太もも周りにお肉がついてしまった

・無理な姿勢で授乳してから腰が痛くなってしまった

・育児の疲れが重なり肩こりから頭痛がひどくなってしまった

・デスクワークのしすぎで背中と肩がバキバキ

・立ち仕事のため、ふくらはぎと腰がパンパンになっている

あっ、私も当てはまるかも・・と思ったあなた。これをきっかけに少し自分のカラダのケアをしてみませんか?

当院は女性一人の方・お子様連れの方が多く来院されている整体院です。

一人で悩まないでください。

「カラダのストレスのない生活・お仕事」へ必ず当院が導きます^^

ご気軽にご相談ください。

是非1度当院のホームページを覗いてみてください!

下のリンクからご覧になれます

多くの女性から支持されている整体院

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - 産後・産後のケア(骨盤矯正)