膝に水がたまってしまったら・・〜柏の膝痛専門【北柏のぞみ整体院】

   

膝の水を抜いたことがあるあなたへ

膝の痛みでお悩みの方は1度は「膝の水」を抜いたことがある方が多いのではないでしょうか?

あの大きな注射器で・・

でもあの膝の水って一体なんなのでしょうか?

そしてなんで水が溜まってしまうのでしょうか?

 

なんで膝に水が溜まってしまうの?

膝は、私たちの体にある関節の中で最もよく動かす関節のひとつです。ですから、関節が滑らかに動くようにいろいろな仕組みがあります。そのひとつが「関節包」です。

これは、関節を包んでいる袋のことで、中に滑液とよばれる液が少量入っています。この滑液は関節をスムーズに動かすとともに、関節が滑らかに動くようにクッションの役割を果たしている軟骨の栄養源になっているのです。しかし、何らかの原因で関節が炎症を起こすとそれを抑えようと、この滑液が余計に分泌されます。

また、軟骨などがぶつかり合ってでたかけらが滑液に混じると、異物と察知して洗い流すために過剰に滑液が増えることもあるのです。
膝に水がたまった状態を「水腫」と言います。どんな原因であっても、膝に水がたまると「水腫」と診断されるのです。

 

膝に水が溜まってしまうとどうなるの?

膝に水がたまりだすと、関節内部の圧力が高まり関節が不安定になります。また、滑液に圧迫されて血流が悪くなり、膝の曲げ伸ばしをするたびに痛みがはしるようになるでしょう。膝を動かさなくなると、筋肉が衰えたり血流がさらに悪くなったりします。すると、ますます関節が不安定になり、軟骨が破壊されたり炎症が起きたりするのです。それを察知して滑液がますます増えるという悪循環になる可能性もあります。

膝が腫れてきたという場合は、片方の手で膝の上部をお皿の方向に沿って押さえ、お皿の上を軽く押してみましょう。異物感があったり、ぶよぶよとした感触を得たりした場合は水がたまっている可能性が高いです。

しかし、これはあくまでも素人判断にすぎません。膝が腫れて痛みを感じ、歩行困難になった場合はすぐに整形外科を受診しましょう。放っておくとより状態が悪化して、治療が長引くこともあります。

 

しかし、膝の水を抜いてもまた溜まってしまう・・

そしてまた水を抜く

この繰り返しをしている方って結構多いんです。

なぜでしょうか?

水が溜まってしまう原因が解決されてないから

膝へのストレスが何が原因で起こっているのかが解決しなければ繰り返してしまうのです・・

追伸

北柏のぞみ整体院は膝の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます

その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました

  • 膝の筋トレをしても痛みが良くならない

  • もう手術するしかないと諦めていた

  • 整形外科で注射を打っているが3日で戻ってしまう

  • 運動不足が原因と言われ、毎朝痛みを我慢して歩いている

医療機関に受診した結果、上記のようなリハビリや治療を受けているのにもかかわらず「全く痛みが改善しない」これが今の現実です。

医者から言われたことを試しても治らずに

「この痛みは一生続くのか」と諦めている人がたくさんいるのです。

このままでいいわけがない

この状況をどうにかしなければいけない。その強い想いで私は技術・知識を磨き続けてきました。

現在【北柏のぞみ整体院】に通われている膝痛のクライアント様からは

  • なんで筋トレしていないのに痛みがなくなるの!?
  • 自転車が乗れるようになりました
  • ここにきて生活の幅が広がりました
  • あんなにパンパンだった膝が今ではスッキリしています

など嬉しい声をたくさんいただいています^^

もし私の記事を見て、

あ、私も当てはまるかも・・と少しでも思うようであれば、これをきっかけに膝に痛みをやっつけませんか?

一人で悩まないでください。

「カラダのストレスのない生活・お仕事」へ必ず当院が導きます^^

ご気軽にご相談ください。

是非1度当院のホームページを覗いてみてください!

下のリンクからご覧になれます

膝痛を根本から治したい方だけクリックしてください

お問い合わせはこちら!

http://nozomi-seitaiin.com/contact/

http://nozomi-seitaiin.com/

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - 驚きの膝痛の新常識