膝の内側の痛みの撃退方法〜柏の膝痛専門【北柏のぞみ整体院】

   

膝の内側が痛い!!そんな時の対処方法

膝痛をお持ちの方で「膝の内側」に痛みが集まっている人が多くいらっしゃいます。

・膝の内側が痛くて長時間歩けない

・しゃがむことができない

・歩き始めに痛みが出る

・太ももの筋肉を鍛えても痛みが改善しない

こんな悩みはありませんか?

膝の内側の痛みでも、原因は人によって違ってきます。

膝の痛みには

「筋トレ」

「注射」

「水を抜く」

「ウォーキング」

が効く!ってよく耳にしますけれど・・

果たして痛みは無くなりましたか?

なくなって無いならそれはなぜですか?

その人の痛みの原因に合わせて施術をしないと痛みは絶対に改善していきません。

今回は、膝の内側の痛みの1例を紹介させていただきます

 

あなたの痛みが出ている場所はどこですか?

膝の内側と言っても範囲が広いですよね。

痛みが出ている場所はどこか少し探ってみてください

チェックして欲しいのは

・膝の関節自体が痛いのか?

・膝の関節の少し下が痛いのか?

これだけでも痛みの原因は大きく違ってきます。

前者の場合、膝の内反変形(O脚)の傾向にある方。それにより、膝関節の内側に圧がかかり痛みを生じているパターンです。

後者の場合、鵞足部(上の図参照)という部分の炎症で、膝関節自体の問題ではなく、筋肉の付着部の炎症によって起きている痛みです。

 

鵞足が痛い時の対処方法

鵞足は太ももの内側と後面の筋肉が付着する部分です。

この部分に痛みが生じるということは、「膝の変形」が問題でなく、太ももの内側の筋肉の使いすぎが原因で痛みを生じていることが多いんです。

痛みの出る方の傾向としては

・ややX脚気味

・扁平足

・ピキピキと強い痛みが走る

・胸を張りすぎている

・反り越し気味

このような特徴・症状があります。

 

膝の内側の痛みの対処方法

・基本的に炎症症状が起きておることが多いので「冷やす」こと。

・痛みの緩和として、鵞足部に着く筋肉のマッサージ・ストレッチ(太ももの内側の筋肉)

・反り腰がつようなっている方に多いので、姿勢で胸を張る意識を少し減らすだけで痛みが緩和するケースが多くあります

 

追伸

北柏のぞみ整体院は膝の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます

その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました

  • 膝の筋トレをしても痛みが良くならない

  • もう手術するしかないと諦めていた

  • 整形外科で注射を打っているが3日で戻ってしまう

  • 運動不足が原因と言われ、毎朝痛みを我慢して歩いている

医療機関に受診した結果、上記のようなリハビリや治療を受けているのにもかかわらず「全く痛みが改善しない」これが今の現実です。

医者から言われたことを試しても治らずに

「この痛みは一生続くのか」と諦めている人がたくさんいるのです。

このままでいいわけがない

この状況をどうにかしなければいけない。その強い想いで私は技術・知識を磨き続けてきました。

現在【北柏のぞみ整体院】に通われている膝痛のクライアント様からは

  • なんで筋トレしていないのに痛みがなくなるの!?
  • 自転車が乗れるようになりました
  • ここにきて生活の幅が広がりました
  • あんなにパンパンだった膝が今ではスッキリしています

など嬉しい声をたくさんいただいています^^

もし私の記事を見て、

あ、私も当てはまるかも・・と少しでも思うようであれば、これをきっかけに膝に痛みをやっつけませんか?

一人で悩まないでください。

「カラダのストレスのない生活・お仕事」へ必ず当院が導きます^^

ご気軽にご相談ください。

是非1度当院のホームページを覗いてみてください!

下のリンクからご覧になれます

膝痛を根本から治したい方だけクリックしてください

お問い合わせはこちら!

http://nozomi-seitaiin.com/contact/

あなたにお会いできる日を楽しみにしております^^

 

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - 驚きの膝痛の新常識