「ぎっくり腰」恐怖症の克服方法

   

いつ来るかわからない「ぎっくり腰」おびえる毎日を送っているあなたへ

腰痛 柏
 こんなお悩みはありませんか?
  • 繰り返しぎっくり腰になっている

  • 繰り返しぎっくり腰になることが「普通」になっている

  • ぎっくり腰が辛すぎて食欲がない

  • ぎっくり腰が辛すぎて夜眠れない

こののような悩みは「のぞみ整体院」で解決できますよ^^

 

なんで、ギックリ腰に怖さを感じているかわかりますか?

答えから言うと

「なんでぎっくり腰になったのかがわかっていない」

 

これが全てです。

その理由を以下にお話していきますね。

まずはこちらの動画を御覧ください

 ぎっくり腰は一体何者??

ぎっくり腰とは、腰部に痛みがあり、内臓疾患でもなく、レントゲン写真を撮っても異常が見られないものの総称を指し、急性腰痛の代表的なものの一つです。

なお、一般的に用いられる「ぎっくり腰」という言葉は、この急性腰痛の俗称とでもいいましょうか、実は「症状を指している言葉」で、病院では「腰椎捻挫」とか「筋・筋膜性腰痛症」などと診断されます。

その症状として、「突然の激痛で動けなくなる」が、ぎっくり腰の症状です。

重く張ったようなだるいような痛みが続き、慢性化する場合もあります。

 

ぎっくり腰の原因

本来の意味合いとは少し違いますが、「急性腰痛」という言葉からもイメージできるとおり、筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れが原因と考えられます。

「不用意に体をひねった」「重いものを中腰で持ち上げた」「前傾姿勢をとった」時などに起こりやすいものです。

他にも、「長時間の同じ姿勢、無理な姿勢」「筋肉疲労」「女性では月経時に骨盤や背骨の靱帯が緩んで起こる」事もあります。

さらに、「運動不足、肥満、全身の疲れ」などにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こす事も原因として考えられます。

 

ギックリ腰の原因てそれだけなの??

でも私には腑に落ちない点があります

  • 重いものを中腰で持ち上げる
  • 前傾姿勢をとった
  • 無理な姿勢をした

などなど一般的に言われていますが・・・

この動作をした人は【全員】ぎっくり腰になるんですか?

なるわけありません!!!

大切なのはぎっくり腰というのは単なる「結果」

その結果が出るまでの過程に真の原因が隠れています!

無視してはいけないぎっくり腰の真の原因

重いものをもったから?
違います。重いものを持ってもぎっくり腰にならない人は山ほどいます。
ぎっくり腰は急に襲ってくる怖い病気
ではありません。
徐々にあなたの腰に小さなストレスが溜まって、溜まりに溜まったストレスが爆発した時に起こるのがぎっくり腰なんです!
いやいや、普段から腰痛なんてないから!!って言う人の殆どが、その腰へのストレス・腰からのSOSサインに気づいていないのです。
「腰へのストレスを自分で理解して普段の生活から意識できるか」これができているかいないかでは、再発のリスクには雲泥の差が生まれます。
では、質問です。
あなたの通っている整体・整骨院・整形外科は、「何で痛みが出たのか・腰へのストレスは何で起きるのかを徹底的に調べてくれますか?」
ほとんどの場合が「痛みを取る・緩和する」で終わっていますよ。
私の考える根本治療って「痛みを取る」だけではありません。それは当たり前です。
痛みを取る。そして、最終的にあなた自身がぎっくり腰になりにくい身体をキープすることが出来るレベルまで全力でサポートする。これが「根本治療」って私は思います^^
これができている場所にあなたが出会えることを祈っております。
最後に質問です。
 
あなたは、どちらの道を選びますか?
 
 
「ぎっくり腰を数ヶ月に一度繰り返して、その都度寝込んで病院にかかって仕事や趣味を我慢する日々を続ける」
 
 
それか
 
 
「なぜ」ぎっくり腰になったのかを自分自身が把握して、自分自身でぎっくり腰にならないカラダキープできるようになり、「ぎっくり腰になる」という恐怖心のない生活を送る
 
 
どれを選ぶかは、あなた次第です。
でも、もし少しでも「ギックリ腰を繰り返したくない」と思う気持ちがあるのでしたらこの続きを読んでください

 

 

私の思いを聞いてください

私は今までリハビリ専門病院で理学療法士として、臨床に出てから必死に技術を磨き続けました。

それが私の財産です。

リハビリ専門病院では「腰部脊柱菅狭窄症」「椎間板ヘルニア」「頸髄症」「後縦靭帯骨化症」など手術が必要な方が多くおられます。

私はそんな重症腰痛の患者さまに対して
「なぜ手術が必要になるまで腰痛を放置したんだろう・・」
私はそんな疑問を抱いていました。

しかし、その答えは残酷なものでした・・
「助けてくれる場所がなかった」

ある患者様から聞いた言葉です。
私は衝撃を受けました。
その患者様は腰痛をずっと昔から持っていて、腰痛を治療してくれるところをずっと探していたそうです。

でも、どの整形外科・整骨院に行っても

  • 腰に電気を当てて終わり
  • 軽いマッサージで終わり
  • コルセットを買わされた
  • 痛み止めを渡せれただけ
  • レントゲンは異常ないから大丈夫

こんなことをずっと続けてきたそうです。
この方の中では「腰痛をどうにかしたい」という気持ちが強くあるにもかかわらず、「助けてくれる場所がなかった」それが答えだったんです。

なんでこんなに腰痛で悩んでいる人がいるのに、世の中には「腰痛を治す場所」がないのだろうか?そんな場所があれば、リハビリ専門病院に来るような重症腰痛になる前に防げるのではないか?

そんなことを日々考えるようになり、私は【のぞみ整体院】を作る決心をしました。

現在腰痛をお持ちのあなたへ

柏市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

「このままで良いわけがない」
もしも、あなたが
「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう・・」
といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…
そんな時こそ、のぞみ整体院にお越しください。
あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。
私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

のぞみ整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

なんで上記の価格で提供するのか?
それはあなたにもう、「同じ過ち」を繰り返して欲しくないからです。

私はあなたにこれ以上、柏の整形外科・整骨院・鍼灸・マッサージ・整体院を渡り歩くはやめて頂きたいのです。

もう2度と効果を実感できない治療に、あなたの大切なお金と時間を費やしてほしくないのです。

私はあなたの辛い痛みを本気で改善したいと思っている、柏市で 「唯一」 の腰痛専門の治療家です。

あなたの腰痛を改善する為に全力で施術致します。

【警告】腰痛を本気で治したくない方は絶対にここをクリックしないでください

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - 【腰痛】のあなたの知識・・9割が間違いです, 腰痛を「本気」で治したい人が集まる柏の整体を知ってますか?