脳梗塞の早期治療の重要性!後遺症を残さないためには?

   

脳梗塞で後遺症を最小限に抑えるには「早期治療」が必須!

柏市の脳卒中(脳梗塞・脳出血)の継続したリハビリ専門整体【のぞみ整体院】の氏原です。

脳梗塞 リハビリ 治療

脳梗塞は脳卒中の中でも6割以上を占めている病気です。脳の血管が詰まることによって、脳が壊死して片麻痺症状などを引きおこします。脳梗塞の後遺症を最小限で抑えるためには、「早期の発見」「早期の治療」「前兆を知っておく」ことが重要です。

ここでは、そんな情報を発信してあなたの脳梗塞の予防と治療に役立ててください!

 

脳梗塞の種類は3つある

脳梗塞 リハビリ 治療

ラクナ梗塞

ラクナ梗塞は脳の細い血管が動脈硬化をおこし、血管が詰り脳に障害がおきる病気です。
血管の詰まっている箇所が小さい「微小脳梗塞」の一種で、詰りの大きさが
「直径1.5cm未満」の物を特にラクナ梗塞と言います。
細い血管が詰まっているので突然大きい症状が現れることは少なく、脳梗塞の前兆である
手足のしびれなどの「一過性虚血発作」の症状が現れない「無症候性脳梗塞」のまま時間が
経ってしまったり、その逆で一過性虚血発作の症状が24時間以上、3週間以内も続く
「可逆性虚血性神経脱落」がおこる場合もみられます。

高血圧によっておこる「動脈硬化」が原因と言われています。
高血圧になると血管内を高い圧力がかかった血液が流れることになり、血管の内側が傷つき壁が分厚くなることで、血液の流れが悪くなり、その先の細胞に血液が届かないため脳細胞がダメージを受けてしまい脳梗塞に至ります。

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞は脳の太い血管が動脈硬化をおこし、狭窄や血栓ができてしまったことで、血管が詰り脳に障害がおきる病気です。

動脈硬化は糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病や「タバコを吸う」「大量にお酒を飲む」といった良くない習慣が引き金となる疾患です。自覚症状が無いまま進行し、脳梗塞につながるのでとても危険と言えるでしょう。

アテローム血栓性脳梗塞の原因は糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病に内包される「動脈硬化」、その中でも「アテローム動脈硬化」が原因と言われています。
アテローム動脈硬化はコレステロールの塊が血管に付着して起こるもので、

1.塊が大きくなって血管が狭窄する
2.狭窄した血管の血流が悪くなる
3.血液が流れる圧力に耐え切れず塊が破裂する
4.破裂した部分を修復するため血小板が血栓を作る

という順序で血管が詰まる要素を作り出します。これが脳で起こることで脳梗塞に至るのです。

心原性脳梗塞

心原性塞栓症は、心臓あるいは頸動脈などの太い血管でできた血栓(血の塊)が、ある日突然、血液の流れに乗って脳に運ばれ、脳の血管を詰まらせてしまうものです。比較的大きい病巣ができるため、症状が強いことが多く、生命が危険な場合も多くなります。

正常な心臓に血栓ができることはありませんが、心臓の機能がおとろえたり、リズムがおかしくなったりすると、血流が乱れ血栓ができるのです。血栓ができやすい心臓の病気には、心房細動、リウマチ性心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋症などがあります。

 

脳梗塞の早期発見チェック

脳梗塞 治療

アメリカで使われている脳梗塞のチェック方法FAST法

・FASTのFはFACE(顔)
顔の片方が下がっているような状態があった時には脳卒中の疑いがあります。顔の片側だけが下がると、下がった方の口から食べ物もこぼしたり、まぶたが下がったような印象を受けます。
本人に「口角を上げてみて」と言ってお願いしても明らかに両方上がっていない場合には医療機関の受診が先決です。

・FASTのAはARM(腕)
脳卒中を起こしてしまうと片腕に力が入らない状態になり、両腕を上げた状態をキープすることができません。私たちは腕を動かす動作を無意識的に行っているつもりですが、体の筋肉を使うためには脳からの指令がないと行えない仕組みになっています。

・FASTのSはSPEECH(言葉)
脳の中でも左半分に障害が起きてしまった時には、話すことが容易に行えなくなります。
呂律が回っていないような話し方を確認した場合には、医療機関へ足を運ぶ事が重要です。診断や治療が遅くなるほど、後遺症は大きく残ってしまうからです。

・最後はFASTのTはTIME(時間)
脳梗塞を発症した時間を医療機関に伝えることも大切です。
脳梗塞の発症時間によって治療方法が大きく異なることがあるからです。大切な家族や友人・知人に気になる症状があった時には、相手に恐怖を与えないように今すぐ病院にいくことを勧めてください。

 

脳梗塞の最新治療

脳梗塞 治療

基本的には薬を使っての治療が行われます。その中で、血栓を溶かし、血流を回復させる方法を血栓溶解療法と言います。血栓溶解療法に用いられる薬はt‐PAとウロキナーゼの2種類あります。血栓溶解療法は発症後から3~6時間に行われます。それ以降は活性酸素の働きを抑え、脳の障害を防ぐ脳保護療法や行われます。以下に簡単にまとめてみました。

発症3時間以内

t‐PA静脈療法という治療法があり、t‐PAには強力に血栓を溶かす作用がありますので、注射と点滴で投与されます。発症3時間以内であればうまく症状を改善する事も可能です。

日本で行った試験では、37%の人がほとんど障害のない状態まで回復しました。米国で行われた臨床試験では、アルテプラーゼを使った人の39%がほとんど障害のない状態にまで回復しましたというデータがあります。早期に発見できてこの治療ができれば予後は良さそうですね。

しかし、この薬の特性から最も問題となる副作用は出血性脳梗塞です。脳梗塞では、脳の血管が詰まったことによってその先の血管ももろくなるため、この治療によって詰まった血管の血流が再開すると、この血流に耐えきれず、血管の壁が破れて出血を起こします。この状態のことを「出血性脳梗塞」と言います。その為、脳梗塞発症後の3時間を経過した症例は出血しやすくなる可能性も高まりますので、専門医による判断が必要になります。

6時間以内

ウロキナーゼという薬を脳血管にカテーテルを梗塞部の手前まで送り込み、投与をします。脳の血流が35%未満の場合、脳出血などの副作用を起こす場合があります。血栓溶解療法は、心原性脳血栓にとても有効です。

24時間以内

梗塞部周囲の活性酸素の働きを抑えて、脳細胞の障害の進行を防ぐために脳保護療法が行われます。

48時間〜数週間

抗血栓療法(ラクナ梗塞、アテローム血栓性梗塞)、抗凝固療法(心原性脳塞栓症、アテローム血栓性梗塞)、抗脳浮腫療法(心原性脳塞栓症、アテローム血栓性梗塞)などが行われます。

 

脳梗塞はいつなりやすい?

季節は夏で時間帯は睡眠時になりやりやすいです。脱水によって血液の循環が悪くなる時に起きやすいんです。

しっかり水分を摂るように心がけましょう!!

 

まとめ

  • 症状が出たらすぐに受診して早期治療を。
  • 脳梗塞は睡眠中〜起床後2時間以内に起きやすい。
  • 就寝前と起床時にコップ1杯の水を飲む。

とにかく早期発見・早期治療!

寝てる間に脳梗塞になってしまうのが1番最悪です。発見までに時間が空いてしまうため重篤な後遺症が残りやすいです。

おかしいな・・と思ったらすぐに受診をしてくださいね!!

 

追伸

のぞみ整体院は、柏市周辺で脳卒中(脳梗塞・脳出血)でリハビリテーション病院でのリハビリを終えてた方を対象にした、「継続したリハビリテーションのお手伝いをする」場所を提供しています。

私がリハビリテーション病院で勤務時代、

「もっと良くなりたい。なる気がするのに帰ったらもうダメね・・」

「帰った後にしっかりリハビリできるとこないの?」

退院間近の患者様がよくこんなことを口にしていました。

退院後のリハビリを提供できる場所はあります。

訪問リハビリテーション・外来リハビリテーション・デイケア・デイサービス

などなど・・

でもあくまでも「維持期のリハビリテーション」という考えです。

脳梗塞・脳出血後の発症から時間が経った身体の機能をさらに引き出すことは困難です・・

さらに、現在は医療保険での維持期のリハビリが縮小されつつあるため「外来リハビリテーション」を頼りにしていた方々も、「来月で卒業です」なんて言われて目標達成できていない段階で終了してしてしまう方も多いのではないでしょうか??

本当に脳梗塞・脳出血後の方が「もっと身体をよくしたい!!」という声に応えれる場所が極端に少ないのが今の現状です。

脳梗塞 治療

これをどうにかしたい。1人でも多くのクライアント様のお役に立ちたい。そんな思いで「のぞみ整体院」を営業しています。

興味ある方はこちらをクリック!

諦めたくない!脳梗塞・脳出血の継続したリハビリなら【北柏のぞみ整体院】

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)後遺症のあなたへ(御家族へ)