産後から恥骨が痛む時どすればいいですか?〜柏の骨盤矯正【北柏のぞみ整体院】

   

産後の恥骨痛をどうにかしたいあなたへ

産後の悩みの一つとして「恥骨の痛み」が多く挙げられます。

出産で緩んだ骨盤は、産後自然と元に戻っていきますが、人によってはいろいろと不具合が生じるケースもあるようです。

代表的なものと言えば「仙腸関節の機能障害」です。妊娠中や分娩時などは仙腸関節にかかる負担が大きくなるため、関節に微小な不適合が生じることで機能障害を引き起こすというもの。機能障害になると「仰向けで寝られない」「長時間椅子に座れない」「洗顔の時に身体をかがめる動作ができない」などの症状が出るようです。

他には「恥骨結合離開」という、恥骨結合の連結部分が離開してしまうというものもあります。症状としては、恥骨部・下腹部・太股・腰・会陰・足などの痛みで、「前向きに歩けない」「寝返りが出来ないほど痛い」「階段の上り下りができない」などの症状が出るようです。

どこに見てもらえばいいの?

どちらも日常生活に支障をきたすような症状ですから、医師や専門家の治療が必要となってきます。経験者ママの体験談を見ると、産婦人科の先生や整形外科の先生に相談している人が多かったです。

しかし、ほとんどの場合産後の骨盤ベルトまたは痛み止めを処方されて終わりというケースが多いみたいです。

痛みが出ているケースは、出産により骨盤のバランスが崩れて重力にうまく適応できなくなっています。それを放置すると、骨盤の歪みだけだなく体全体に歪みが生じて腰痛や肩こりなどの二次的な障害が出る可能性があります。そのため、しっかりと「骨盤矯正」によって整える必要があります。

ちなみに、仙腸関節の機能障害や恥骨結合離開は、出産前から骨盤に歪みがあるママに多くみられるようです。最近は骨盤の靱帯や筋肉が弱く、リラキシンの影響で緩み過ぎてしまうママも多いようで、それも原因の1つとして考えられるでしょう。

 

追伸〜産後の骨盤矯正〜

のぞみ整体院は多くの女性に支持されている整体院です

・産前(妊婦さん)の腰痛や肩こりのケア

産後の骨盤矯正

・育児疲れによる腰痛・肩こり・頭痛

・デスクワークや立ち仕事による腰痛・肩こり

O脚の矯正

このような方々が多く来院されております。

皆様は当院にかかるまで以下のようなお悩みをお持ちでした・・

・妊娠中だから腰痛や肩こりは我慢するしかない

・骨盤矯正は大切と知っていたけどキッカケがなく踏み出せなかった

・産後からお尻周り・太もも周りにお肉がついてしまった

・無理な姿勢で授乳してから腰が痛くなってしまった

・育児の疲れが重なり肩こりから頭痛がひどくなってしまった

・デスクワークのしすぎで背中と肩がバキバキ

・立ち仕事のため、ふくらはぎと腰がパンパンになっている

あっ、私も当てはまるかも・・と思ったあなた。これをきっかけに少し自分のカラダのケアをしてみませんか?

当院は女性一人の方・お子様連れの方が多く来院されている整体院です。

一人で悩まないでください。

「カラダのストレスのない生活・お仕事」へ必ず当院が導きます^^

ご気軽にご相談ください。

是非1度当院のホームページを覗いてみてください!

下のリンクからご覧になれます

多くの女性から支持されている整体院

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - 産後・産後のケア(骨盤矯正)