【脳梗塞後のリハビリに効果絶大】身体の動かし方講座 その3

      2016/08/30

千葉県柏市の脳卒中(脳梗塞・脳出血)後遺症・腰痛・肩こり専門整体【のぞみ整体院】院長の氏原大貴です。

前回までの記事では

「身体の使い方は人によって違いがある」

「その違いを踏まえて動きをしていくことが痛みや動きにくさの根本解決に近づく」

以上のように身体の使い方をテーマに記事を書いてきました。

前回までの記事はこちらです↓

 

脳梗塞後の動きにくさの根本原因を見つける秘訣とは!?

今回はこのシリーズの続きで4スタンス理論の【B1タイプ】の身体の使い方について書いていきます。

 

あなたのタイプに合わせた身体の使い方をお話していきます。

  • 脳梗塞後で麻痺した足に体重が乗せにくい・足が出にくい
  • 骨折してから体重が乗らなくなり歩き方が変わってしまった
  • デスクワークをしていると肩こり・腰痛がひどい
  • ぎっくり腰になりやすい

このような悩みを持っている方は、身体の使い方を正すだけで症状が改善するかもしれませんよ!

 

【タイプ別】身体の使い方講座(B1タイプ)

まずは簡単にB1タイプの特徴を説明していきます。

B1 重心がかかとの内側タイプ(パラレルタイプ)

● 重心:かかとの内側

● ポイント:首の後ろ、股関節後面、踵

● 動作:肩と腰のラインが同時に動く(パラレルタイプ)

● 選手:長嶋茂雄、野茂英雄、室伏広治、朝原宣治、村上幸史

 

Bタイプの特徴は

地面に安定して立っているときに、土踏まずのかかと側に重心が来る人です。その重心に首の付け根、股関節を載せると安定します。

1タイプの特徴は

1タイプの人は、立っているときに、両足の内側(人差し指)で地面をしっかりと捉えていくという特徴があります。やや内股になりやすい傾向があります。

B1タイプの歩き方のコツ

足裏の基点ポイント

重心ポイントが足裏の後内側で、足首・へそ裏・首の付け根を通ります。体の後ろ側に軸があります。

重心位置

重心は低くく、骨盤が前に引っ張られるようなイメージで進みます。肩はほとんど動かない。

脚の出し方

後ろ足裏で蹴りだし、体重を股関節に乗せる感じで、腰骨全体を前に押し出しながら歩く。左右の脚幅は股関節より狭めです。

手の振り方

手は低い位置で振ります。人差し指を振るイメージです。両腕を平行に振るイメージです。

B1タイプの歩くときに体重を乗せるコツ

いきなり歩きの中で体重を乗せていくのは難しいため、はじめは立った状態で左右に体重移動する練習をします。

  1. B1の体重移動するときのポイントとなる首の後ろを意識する
  2. 首の後ろを左右に力まずゆら~ゆら~と揺らしていきます
  3. 踵の内側首の後ろを乗せこむイメージで揺らしていきます
  4. 踵の内側に首後ろがしっかり乗って足の裏がベタ~と地面につく感じがしたら体重が乗れています
  5. その状態をキープしながら反対足を一歩出します(可能なら片足立ちを)

この手順で歩行前に自主トレをするだけで、体重が乗りずらい足に乗ってきますよ!

B1タイプの椅子への座り方

タイプにあった座り方をするだけで、肩こり腰痛が軽減するかもしれません。

B1タイプに合った座り方のポイントをまとめていきます!

  1. 左右のおしり均等に体重が乗る
  2. 背もたれに背中をつける
  3. 首の後ろが坐骨の上に乗るイメージで座る
  4. 全体的に重心が後方に残りながら腕を操作する
  5. 書類などは身体の正面の置く
B1タイプ

 

その他注意点としては、タイプにあった動きをしすぎて腰痛や肩こりを引き起こすパーターンとして

  • 猫背になりすぎる
  • 首の位置が前の出すぎる

B1タイプの方が姿勢を良くしようとして、背もたれから背中を話して胸を張っていると肩こりや腰痛の原因になることがありますので注意を!

このような点に注意して自分のデスクワークの姿勢を見てください!

次回は身体の使い方シリーズ最終回で【B2タイプ】の身体の使い方に関して書いていきます。

 

 

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - のぞみ整体院のリハビリはこちら, 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)後遺症のあなたへ(御家族へ), 脳梗塞・脳出血のリハビリ効果を最大限引き出すコツとは