【脳梗塞後のリハビリに効果的】身体の動かし方講座 その1

      2016/08/30

前回までの記事では、「根本治療に必須となる身体の動かし方」と「4スタンス理論の紹介」をしてきました。

 

今回からは、あなたのタイプに合わせた身体の使い方をお話していきます。

  • 脳梗塞後で麻痺した足に体重が乗せにくい・足が出にくい
  • 骨折してから体重が乗らなくなり歩き方が変わってしまった
  • デスクワークをしていると肩こり・腰痛がひどい
  • ぎっくり腰になりやすい

このような悩みを持っている方は、身体の使い方を正すだけで症状が改善するかもしれませんよ!

 

【タイプ別】身体の使い方講座(A1タイプ

まずは簡単にA1タイプの特徴を説明していきます。

A1 重心がつま先の内側タイプ(クロスタイプ)

● 重心:つま先の内側

● 意識ポイント:みぞおち、肘、足首

● 動作:肩と腰のラインがねじれて動く(クロスタイプ)

● 選手:イチロー、ダルビッシュ、マイケルジョーダン、福士加代子

Aタイプの特徴は

地面に安定して立っているときに、土踏まずのつま先側に重心が来ます。その重心に膝、みぞおちが載ると安定します。

1タイプの特徴は

1タイプの人は、立っているときに、両足の内側(人差し指)で地面をしっかりと捉えていくという特徴があります。やや内股になりやすい傾向があります。

A1タイプの歩き方のコツ

足裏の基点ポイント

重心ポイントが足裏の前内側・ひざ・鳩尾(みぞおち)の前面を通ります。

重心位置

Aタイプの重心は高い位置(鳩尾)にあります。脚が鳩尾から伸びているように意識し、鳩尾が引っ張られるように歩くとスムーズに脚がでます。

脚の出し方

体全体を前傾させると、自然に脚がでてきます。膝と鳩尾を同時に前へ移動するイメージで脚を出します。背中を反し過ぎないこともポイントです。

手の振り方

高い位置に重心があります。肘を中心に動かしているはずです。振った腕の延長線上は、体の前でクロスします。

A1タイプの歩くときに体重を乗せるコツ

いきなり歩きの中で体重を乗せていくのは難しいため、はじめは立った状態で左右に体重移動する練習をします。

  1. A1の体重移動するときのポイントとなる鳩尾(みぞおち)を意識する
  2. 鳩尾を左右に力まずゆら~ゆら~と揺らしていきます
  3. 土踏まずの前方に鳩尾を乗せこむイメージで揺らしていきます
  4. 土踏まずに鳩尾がしっかり乗って足の裏がベタ~と地面につく感じがしたら体重が乗れています
  5. その状態をキープしながら反対足を一歩出します(可能なら片足立ちを)

この手順で歩行前に自主トレをするだけで、体重が乗りずらい足に乗ってきますよ!

 

A1タイプの椅子への座り方

タイプにあった座り方をするだけで、肩こり腰痛が軽減するかもしれません。

A1タイプに合った座り方のポイントをまとめていきます!

  1. どちらかのお尻に体重を寄せる
  2. 足を組んで座る
  3. 背もたれは使わない
  4. みぞおちが坐骨の上に乗るイメージで座る
A1タイプ

 

その他注意点としては、タイプにあった動きをしすぎて腰痛や肩こりを引き起こすパーターンとして

  • 前のめりになりすぎる(みぞおちが坐骨よりも前に来ている)
  • 坐骨でなく足の裏に体重が集まってしまっている

このような点に注意して自分のデスクワークの姿勢を見てください!

A1タイプは体重を片方に預けることで身体を安定させている為、一般的に言われている「良い姿勢」を取ろうといて真っすぐに均等に体重が乗るように座ると逆効果になってしまいますので注意を!

 

 

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - のぞみ整体院のリハビリはこちら, 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)後遺症のあなたへ(御家族へ), 脳梗塞・脳出血のリハビリ効果を最大限引き出すコツとは