膝の痛みに膝サポーターは意味あるの?柏の膝痛専門【北柏のぞみ整体院】

   

膝の痛みの対しての膝サポーターの有用性

膝の痛みに対して一番手軽にできるのがサポーターです。

・サポーターってどんな効果があるの?

・つけていてもあまり効果を感じない

・腹巻き代わりになっている

サポーターはとても効果的なものですが自分に合っているものをつけなければ、全く意味をなしません・・

今回は膝サポーターの選択の仕方についてお話ししていきます!

 

膝サポーターの種類

膝用のサポーターには主に2つの種類があります。

通常型の膝サポーター

・冷えると膝の痛みが増す

・膝の痛みが軽い

という時に着用するものです。

支柱付きの膝サポーター

一般的には支柱付き装具もサポーターと呼ばれています。サポーターの両側に金属の支柱が入っていて膝が左右に揺れてしまう動きを抑えてくれます。

・膝崩れやずれる時がある

・歩くだけでも痛みが生じる

・運動をする時に痛む

・変形が強くなっている

このような時に選択されます。

 

膝サポーターをつける基準ってあるんですか?

答えから言いますと基本的に基準はありません。

膝サポーターをつけて楽に感じるか?そうでないか?

その主観を大事にしてください。

医学的な根拠がないのが確かなので、つけたほうが良い!とは言い切れません。

動かしてもいないのに痛みがあったり、まともに歩けない様な重症例の場合はサポーターをつけた方が良いかと思います。

ただし歩いた時の軽い違和感程度や、だいぶ回復してきて膝の痛みが落ち着いてきた場合は、サポーターを外すか緩いサポーターに切り替えた方が良いでしょう。

人間の体は正直です

合わない時は違和感を覚えます。

その人にとって負担や良くない刺激は、なんとなく体が感じ取っています。

サポーターが楽だと感じれば、その人にとっては良い行為でしょう。

サポーターが邪魔だと感じるのであれば、その人にとっては良い行為とは言えないと思います。

実際に痛みが強い重症例の人でも、最初はサポーターがないと痛くてまともに動けなかったのに、症状が改善していくとサポーターを着けていると逆にしんどくなるといった人もよくおられます。

サポーターはその人との相性もありますし、症状の重症度によっても楽かどうかが異なります。

もしああなたがサポーターをつけるべきかどうかで悩んでいるのであれば、実際につけてみてその感想で判断して下さいね。

もちろん、中には重症の人でもサポーターをつけると逆にしんどくなる人もいますし、軽症の人でもつけた方が楽だという人もいます。

症状や人によって相性が異なる行為に関しては、その人の感想が最も信頼できますので是非参考にして下さい。

 

追伸

北柏のぞみ整体院は膝の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます

その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました

  • 膝の筋トレをしても痛みが良くならない

  • もう手術するしかないと諦めていた

  • 整形外科で注射を打っているが3日で戻ってしまう

  • 運動不足が原因と言われ、毎朝痛みを我慢して歩いている

医療機関に受診した結果、上記のようなリハビリや治療を受けているのにもかかわらず「全く痛みが改善しない」これが今の現実です。

医者から言われたことを試しても治らずに

「この痛みは一生続くのか」と諦めている人がたくさんいるのです。

このままでいいわけがない

この状況をどうにかしなければいけない。その強い想いで私は技術・知識を磨き続けてきました。

現在【北柏のぞみ整体院】に通われている膝痛のクライアント様からは

  • なんで筋トレしていないのに痛みがなくなるの!?
  • 自転車が乗れるようになりました
  • ここにきて生活の幅が広がりました
  • あんなにパンパンだった膝が今ではスッキリしています

など嬉しい声をたくさんいただいています^^

もし私の記事を見て、

あ、私も当てはまるかも・・と少しでも思うようであれば、これをきっかけに膝に痛みをやっつけませんか?

一人で悩まないでください。

「カラダのストレスのない生活・お仕事」へ必ず当院が導きます^^

ご気軽にご相談ください。

是非1度当院のホームページを覗いてみてください!

下のリンクからご覧になれます

膝痛を根本から治したい方だけクリックしてください

お問い合わせはこちら!

http://nozomi-seitaiin.com/contact/

あなたにお会いできる日を楽しみにしております^^

 

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - 驚きの膝痛の新常識