カッチカチ肩こりを解凍いたします!

      2016/06/12

千葉県柏市の脳卒中(脳梗塞・脳出血)後遺症・腰痛・肩こり専門整体【のぞみ整体院】院長の氏原大貴です。

みなさまは肩こりの原因ってなんだと思いますか?

原因と言っても人によって様々ですが、

  • 姿勢が悪い
  • デスクワークの過多
  • ストレス
  • 寝不足
  • 枕が合わない

このような要因が考えられます。

現在のぞみ整体院では、整体施術モニターを行っています。その中で肩こりのひどいクライアントを対応した際に、上記のようなメジャーな要因ではなく、まったく別の意外な要因によって肩こりを引き起こしていました。

 

5年以上のカチカチ肩こりが解凍されたようでした!!

20代女性のクライアント様で、「5年以上続いている肩こりをどうにかしたい」「原因を知りたい」と強い希望があり、県外から来店していただきました。

デスクワークが多く1日8時間ほど机に向かうこともあるそうで、座っているとどんどん肩周りの筋肉が固まってくるを感じるとのこと。ひどいときは肩こりが頭痛に変わってしまうそうです・・・

肩の状態をチェックしていくと、肩回りだけでなく背中まで硬くなっていて、その影響で肩の可動域に制限が出てしまっているほどでした。

肩甲骨と肋骨の間の動きをしっかりと出すようなエクササイズにより肩こりと動きにくさはその場でしっかりと改善することが出来ました(もちろん無痛で)^^

IMG_4391                 治療前

image1治療後

この時点で「カチカチの肩こりが解凍されたみたい!」と満足していただきました。

しかし、ここまでの結果を出すのは「当たり前」です。

大切なのは「なんで肩こりが起きていたのか!?」を見つけることなんです。

こんな所に肩こりの原因が隠れていました!

このクライアント様の立った姿勢を見てみると、

  • 胸をしっかりと張っている
  • 体重がつま先によっている
  • 反り腰になっている

このような特徴があり、この動きを抑えるために肩周囲の筋肉たちが働きバランスを取ろうとしている状態でした。この肩周囲の筋肉の頑張りが「肩こり」となるのです。

上記の3つの姿勢の原因の根本は「問診」に隠されていました。

「肩こりを改善するために普段からなるべく姿勢を良くしようとしています」

「なるべく座る姿勢も胸を張って姿勢を良くしてます!」

とのこと・・・・これだ!!!

この意識的に胸を張って姿勢を良くしようとしているため、

  • 背中や肩回りの筋肉が安静時よりも過剰に働いてしまう
  • 胸を過剰に張ることで体重がつま先に過剰にのってしまい、前方へバランスを崩さないように腕や肩でバランスをとる

このような現象が起きてしまいます。

つまり、肩こりをよくしようとして「姿勢を良くする」行動が余計に症状を強くしてしまっていたのです。

胸を張る状態で身体が固まってしまっていたので、背中が伸びるような運動・立った状態で踵に体重を移していく運動を指導することでさらに肩こりの改善がみられました。

まっすぐは良い姿勢は落とし穴

あなたも、姿勢を良くしようしすぎていませんか?

それは悪いことばかりではありませんが、わたしは無理のない無意識の姿勢でいることをお勧めします。

のぞみ整体院では「無意識で」「良い姿勢を作る」ことを得意としていますので身体に無理のない姿勢を指導いたします。

 

 

ご予約・お問い合わせは
今すぐご連絡ください!

受付時間
午前:9時~13時午後:14時~19時30分
休業日
日曜・祝日

予約を多くいただいている為、営業時間内に電話に出ることが困難な状態になっています。
お手数ですがご予約の方は、留守番電話に「予約希望の〇〇です。何日何時に予約希望です」とメッセージを残してください。
必ずその日のうちに、こちらから折り返し連絡いたします。

スマホはタップで電話できます

 04-7166-1570

 ご予約フォーム

 - お客様の喜びの声